ワキガの症状

近年ワキガの症状でお悩みになる方が増えています。

 

その原因として考えられるものは、いくつか存在します。たとえば遺伝により、症状が発症するケースがあります。

 

両親のどちらか一方がこの症状を持つ場合には、その子供も発症する可能性が高いです。

 

さらに両親2人が症状を持つ場合では、その子供が発症する確立はほぼ100パーセントであると考えられています。

 

また近年の増加傾向には、日本人の食生活が影響していると考えられています。

 

発症に関係する要因として、動物性タンパク質があります。

 

欧米人はお肉をよく食するため、動物性タンパク質を沢山摂取することになります。そのため欧米人には発症が目立ちます。

 

一方日本人は、元来ご飯を主食とし一汁三菜が基本でした。

 

昔の質素な食事は、動物性タンパク質の摂取を最低限なものに留めていたわけです。しかし近年食の欧米化により、日本人もお肉をよく食する様になりました。

 

そしてこのことが、動物性タンパク質の過剰摂取につながったのです。

 

ちなみに、この症状の特徴は独特の臭いにあります。

 

しかしこの臭いも大昔は、異性を惹きつけるフェロモンの一種として作用していました。

 

それが時代の経過と共に、敬遠される臭いになったのです。