どんな汗が臭わない?

 

 

人体の腺には二つの種類があります。一つ目は「エクリン汗腺」です。

 
体の大半に幅広く分布しており、ここから出るものは、99%が水で、粒が小さく、
さらさらしています。熱を放出して体温を調節する役割があります。

 
もう一つの腺は「アポクリン腺」です。その大部分が脇の下にあります。

 
ここから出るものは、粘り気があってベタベタしています。

 
その成分はアンモニア・タンパク質・糖質・脂質・鉄分・ピルピン酸・
色素リポフスチンです。雑菌にとっての栄養素がたくさんあり、、
また、皮膚の表面をアルカリ性にするので、雑菌の増殖しやすい環境にもなってしまいます。

 
そして、それこそが臭いの原因になってしまうのです。

 
「エクリン汗腺」からは99%水が出るので臭わないのですが、残りの1%の成分はアンモニウム・
尿素・カリウム・ナトリウム・塩素・カルシウム・重炭酸イオンなどの電解質です。

 
そして腺の機能が低下すると、1%であった成分が多く出てしまいます。

 
水のようにさらさらしていたものが、蒸発しにくいベタベタなものに変わり、
体温も下がりにくくなってしまいます。

 

カリウムやナトリウムなどのミネラルも多く出てしまうので、
夏バテや熱中症の原因にもなります。

 
また、アンモニアも多く出るので臭いの原因にもなってしまいます。

 
よって、腺の働きを活発にさせるために、毎日続けられる適度な運動や、
ゆっくり入浴するなどの生活習慣が大切です。