どんな汗が臭う?

 

エクリン腺、アポクリン汗腺、皮脂腺から分泌されます。どれも本来は臭いません。

 

なぜ、臭いが発生するかというと、皮膚の常在菌に成分が分解される時に臭いが発生します。どんな汗が

 
エクリン腺から分泌されるのが、99%が水分で僅かに塩分を含む、無色透明なサラサラした液体なのに対して、ワキや陰部などにあるアポクリン汗腺から出る分泌物には、脂質やタンパク質が多く含まれ、乳白色で粘り気がありベタベタしているのが特徴です。

 

そのため、皮膚の常在菌によって分解されるときに、強い腐敗臭が発生するのです。

 
ワキガの人は、このアポクリン汗腺が通常の人よりも多いのが原因です。

 

それでは、アポクリン汗腺を取らないと、ワキガが完全に治らないのかというと、そうでもないようです。

 
液体自体が強烈に臭うわけではありません。

 

皮膚の常在菌によって分解されるときに、その臭いは発生するのです。

 

そこで、皮膚を清潔に保ち、細菌の繁殖を抑えることがまず第一にあげられます。

 

それと、脂質やタンパク質を多く含んでいるから、腐敗臭が発生すると考えると、その成分の元を改善すればいいのです。

 

つまり、毎日の食生活を脂っこいものや糖質の多いものから、いわゆる和食中心のヘルシーなメニューへ改善することです。

 
毎日の食生活を改善するだけで、ワキガの嫌な臭いをだいぶ抑えることができるのです。