Archive for the ‘未分類’ Category

アポクリン腺

ワキガはアポクリン腺が通常の人よりも多い人に発生しています。

 

 
エクリン腺と違い、アポクリン腺からの分泌物には脂質やタンパク質を多く含み、これが皮膚の常在菌と反応を起こして、嫌な臭いを発生するのです。

 
アポクリン腺が多いか少ないかというのは、遺伝によるところが多いようです。

 

日本人は通常アポクリン腺は少ないのですが、黒人ではほほ10割とか言われ、人種によってその差があるようです。

 
ワキガの治療法にはアポクリン腺を切除する切開法が有名で、この方法でワキガが完治すると思われている方が多いようです。

 

しかし、切開することから傷痕は残りますし、体へのリスクも大きいです。

 

しかも、切除しても再発したり、ほかの部分の臭いがきつくなったりすることもあり、一概に良い方法とも言い切れません。

 

また、最近ではレーザー照射でアポクリン腺を攻撃する方法もありますが、その効果が永遠でないので、継続的に照射をする必要があり、根本的な解決にはならないようです。

 

最近主流なのが、生活スタイルから改善する方法です。

 

脂っこいものや甘いものなどの食生活から、和食中心の食生活に改善することで、脂質やタンパク質の分泌を抑えようというのです。

 

この方法は、体へのリスクはないばかりか、健康にもなり、経済的で人気があります。

 
ただ、どの方法でも残念ながら、完治は難しいようです。

 

症状が出ないように、食事に気をつけ、清潔にすることが、一番の対策と言えます。

ワキガの症状

近年ワキガの症状でお悩みになる方が増えています。

 

その原因として考えられるものは、いくつか存在します。たとえば遺伝により、症状が発症するケースがあります。

 

両親のどちらか一方がこの症状を持つ場合には、その子供も発症する可能性が高いです。

 

さらに両親2人が症状を持つ場合では、その子供が発症する確立はほぼ100パーセントであると考えられています。

 

また近年の増加傾向には、日本人の食生活が影響していると考えられています。

 

発症に関係する要因として、動物性タンパク質があります。

 

欧米人はお肉をよく食するため、動物性タンパク質を沢山摂取することになります。そのため欧米人には発症が目立ちます。

 

一方日本人は、元来ご飯を主食とし一汁三菜が基本でした。

 

昔の質素な食事は、動物性タンパク質の摂取を最低限なものに留めていたわけです。しかし近年食の欧米化により、日本人もお肉をよく食する様になりました。

 

そしてこのことが、動物性タンパク質の過剰摂取につながったのです。

 

ちなみに、この症状の特徴は独特の臭いにあります。

 

しかしこの臭いも大昔は、異性を惹きつけるフェロモンの一種として作用していました。

 

それが時代の経過と共に、敬遠される臭いになったのです。

腋臭症

身体から発せられるニオイというのは誰しもが気になるものですが、その中でも最も代表的な臭いと言えばワキガ(腋臭症)が挙げられます。

 

この腋臭の臭いと言うのは実に独特なもので、すえた様な臭い・むれた臭い・酸っぱい臭いなど人に不快感を与えます。では、腋臭というのはどのような仕組みで発せられるのか詳しく見て行きましょう。

 
腋臭の正体と言うのは結論から言うと、アポクリン汗腺からの分泌物が原因です。このアポクリン汗腺には、鉄分やアンモニア・色素・タンパク質など、様々な要素が含まれています。

 

ただし、この分泌物そのものからは腋臭独特の臭いはありません。皮脂腺から分泌される皮脂とアポクリン汗腺からの分泌物が混ざり合い、それを皮膚の上にいる常在菌が分解する時に発生する脂肪酸の臭いがまさにあの独特の臭いとなるのです。

 
腋臭の臭いは、体を清潔にすることで一時的に軽減することができます。ただしアポクリン汗腺の数によって症状の程度が左右されるので、根本的な治療を行うためには腺そのものの除去が必要となります。

 

中には自分は腋臭だと思い込んでしまう人もいますが、腺自体は誰にでもあるものなので一人で悩む前に専門家に相談するということが望ましいです。

身体の中に溜まっている毒を体外へ排出しよう

デトックスは、身体の中に溜まっている毒を体外へ排出しようという美容的な手法であり、多くのエステサロンなどで施術が用意されています。

 
人間は日常生活を送ることで、様々な場面で化学物質を摂取して身体の中に蓄積しており、身体の中で発生する活性酵素が溜まったり、ビールなどのアルコール類を飲むと、肝臓でアセトアルデヒドが生成されたりします。

 
これらの人体に悪影響を及ぼすとされる物質は、身体に溜まることで、老化を促進したり、アレルギーになったり、身体の臓器が異常をきたしたりするのです。

 
様々な疾患にならないようにするには、悪影響を及ぼす物質を体外へ排出することが必要です。
エステサロンなどではマッサージを行なうことで、血行やリンパの流れを良くしたりすることで、体内に溜まった老廃物を体外へ排出して、むくみなどを解消することが出来ます。
食物繊維やビフィズス菌などを摂取すれば、腸の働きを良くすると同時に腸の中に便が溜まらなくなり、小腸などは必要な栄養素を摂りやすい環境を作り上げることが出来ます。
デート前に、身体に溜まった老廃物を排出しておけば、スッキリとした表情になり、小顔になったり、身体を絞ることが出来たりするので、恋人に一番良い姿を見せることが出来るようになるでしょう。”

半身浴で汗を出す

 

 

美容、健康を維持する方法として半身浴を取り入れている方が増えてきました。

 

個人のお宅のお風呂で楽しむ方も多いですし、最近では大型のスパ施設でも専用のお風呂を設置する施設が出てきました。

 

正しい入り方をすれば体内に溜まった有毒な物質を体の外に排出することが出来、新陳代謝も活発になるのでとても美容にも健康にも良い入浴方法なのですが、誤った入浴の方法を取り入れてしまうと十分に効果を得られないばかりか、のぼせてお風呂場で倒れるようなことになってしまっては大変です。

 
まず、自分の無理をしない範囲で始めることが大切です。

 

お湯の温度も40度を超えない温度で自分の胸から下まででお湯をはりましょう。

 

お湯の量が多すぎたり、お湯が熱すぎると効果を十分に出すことが出来ません。

 

特にオフィスワークなどで空調の効いた部屋で一日を過ごす方は運動不足で自律神経に支障をきたしている方も少なくありません。

 

普段は忙しい毎日でなかなかゆっくりとくつろぐ時間をとることが難しい方でも、入浴の時間ぐらいはリラックスしてゆったりとお風呂場で過ごす時間を作るのも良いでしょう。

 

雑誌を持ち込んだり、自分の好きな音楽を流すと時間の経過もさほど気になりません。

アポクリン汗腺について

人間には全身に渡ってエクリン腺があり、エクリン腺によって体温の調節を行なっています。

 
そのため、アポクリン汗腺は他の動物とは違って部分的に集中して存在しており、これらの部分から身体の中に溜まっている不純物を出してデトックスを行い、ダイエットを行なうことが可能になっています。

 

diet01_l
ダイエットするには、食事療法の他に、エアロビクスやヨガやウォーキングやランニングなどのような運動を行ったり、エステサロンなどでマッサージを行なってもらったりすることが一般的であり、新陳代謝を高めることが必要です。

 
マッサージや運動を行なうことによって、老廃物を体外へ排出し、体内に溜まっている身体に悪影響を及ぼすと考えられている物質を体外へ排出するデトックス効果が期待出来ます。

 
身体のプロポーションを整えたり、身体の健康を維持したりするには、身体の中に溜まっている毒素や脂肪をどのように処理していくかが大切なポイントとなります。

 
どくだみ草など毒素を体外へ排出する薬草をお茶にして飲んだりすることも効率的で有効な手段です。

 
習慣にしておくと、意識せずにデトックスを行なうことができ、表面的にも内部的にも美しい身体を作り上げることが出来るようになるでしょう。

 

デトックス汗について

 

デトックスとは、身体の中の不要な物質、有害な物質を体外に排出するということですね。

 
この中にはもちろん血中の中性脂肪なども含まれます。

 
不要な脂肪が取れると血液がサラサラになって健康になれるだけでなく、肌荒れなどのトラブルも防いで美容にも大変よい影響を与えます。

 
デトックスのやり方は色々あるのですが、たくさんの水を飲んで、入浴するというのも簡単なデトックス法です。

 
有害物質を体外に排出するには水をたくさん飲めば良いという話は有名ですが、有害物質を水と一緒に出してしまうには、エクリン腺でなく、アポクリン汗腺から排出する必要があるのです。

 
これは体臭の元ともなっていて、アンモニアやコレステロールなどの脂肪分が排出されているものです。

 
エクリン腺から出るものは、サラサラしていて無臭なのですが、アポクリン腺から出るものはワキガなど体臭の元になってしまうのですね。

 
ドロドロの老廃物が出る腺ですから、かなり臭いので、しっかりとお風呂で洗い流すことが大切です。

 
また、アポクリン腺は一度開ききるとその後24時間程度は活動しないので、大事な予定のある日の前日にしっかりお風呂でデトックスしてドロドロの有害物質を全て排出しておくと良いですね。

どんな汗が臭わない?

 

 

人体の腺には二つの種類があります。一つ目は「エクリン汗腺」です。

 
体の大半に幅広く分布しており、ここから出るものは、99%が水で、粒が小さく、
さらさらしています。熱を放出して体温を調節する役割があります。

 
もう一つの腺は「アポクリン腺」です。その大部分が脇の下にあります。

 
ここから出るものは、粘り気があってベタベタしています。

 
その成分はアンモニア・タンパク質・糖質・脂質・鉄分・ピルピン酸・
色素リポフスチンです。雑菌にとっての栄養素がたくさんあり、、
また、皮膚の表面をアルカリ性にするので、雑菌の増殖しやすい環境にもなってしまいます。

 
そして、それこそが臭いの原因になってしまうのです。

 
「エクリン汗腺」からは99%水が出るので臭わないのですが、残りの1%の成分はアンモニウム・
尿素・カリウム・ナトリウム・塩素・カルシウム・重炭酸イオンなどの電解質です。

 
そして腺の機能が低下すると、1%であった成分が多く出てしまいます。

 
水のようにさらさらしていたものが、蒸発しにくいベタベタなものに変わり、
体温も下がりにくくなってしまいます。

 

カリウムやナトリウムなどのミネラルも多く出てしまうので、
夏バテや熱中症の原因にもなります。

 
また、アンモニアも多く出るので臭いの原因にもなってしまいます。

 
よって、腺の働きを活発にさせるために、毎日続けられる適度な運動や、
ゆっくり入浴するなどの生活習慣が大切です。

どんな汗が臭う?

 

エクリン腺、アポクリン汗腺、皮脂腺から分泌されます。どれも本来は臭いません。

 

なぜ、臭いが発生するかというと、皮膚の常在菌に成分が分解される時に臭いが発生します。どんな汗が

 
エクリン腺から分泌されるのが、99%が水分で僅かに塩分を含む、無色透明なサラサラした液体なのに対して、ワキや陰部などにあるアポクリン汗腺から出る分泌物には、脂質やタンパク質が多く含まれ、乳白色で粘り気がありベタベタしているのが特徴です。

 

そのため、皮膚の常在菌によって分解されるときに、強い腐敗臭が発生するのです。

 
ワキガの人は、このアポクリン汗腺が通常の人よりも多いのが原因です。

 

それでは、アポクリン汗腺を取らないと、ワキガが完全に治らないのかというと、そうでもないようです。

 
液体自体が強烈に臭うわけではありません。

 

皮膚の常在菌によって分解されるときに、その臭いは発生するのです。

 

そこで、皮膚を清潔に保ち、細菌の繁殖を抑えることがまず第一にあげられます。

 

それと、脂質やタンパク質を多く含んでいるから、腐敗臭が発生すると考えると、その成分の元を改善すればいいのです。

 

つまり、毎日の食生活を脂っこいものや糖質の多いものから、いわゆる和食中心のヘルシーなメニューへ改善することです。

 
毎日の食生活を改善するだけで、ワキガの嫌な臭いをだいぶ抑えることができるのです。